借入

プロミスに返せない。返済期限を過ぎても払えない場合|滞納SOS

更新日:

プロミスに返せない

やっとの思いでプロミスから借りたお金。

借りたときは返せると思っていたのに、想定外の出費が続いてしまったことで、どうやっても返済できないというような状況に追い込まれたとき、どのような対処をすればいいのでしょうか?

どこか別の消費者金融からお金を借りて返済に充てるべきなのか、それとももっと別の方法を取るべきなのか頭を悩ませてしまいますよね。

ここではプロミスから借りたお金を返済できなくなったときの対処法について紹介します。

プロミスはどんな金融機関なの?

 

プロミスから借りたお金を返済できなくなったときの対処方法について説明する前に、まずはプロミスについて少し詳しく学んでおくことにしましょう。

知っていることでその後の対処方法に影響が出ることもありますので、しっかり頭に入れておきましょう。

プロミスの特徴

  • プロミスはSMBCコンシュマーファイナンスのサービスブランド名
  • プロミスは三井住友銀行グループ傘下の消費者金融
  • プロミスは自社でローンの回収をする

 

意外と知られていないのですが、プロミスというのは会社名ではありません。

2012年まではプロミスが会社名でしたが、現在はSMBCコンシュマーファイナンスが会社名で、そのサービスブランドの名前がプロミスになります。

SMBCコンシュマーファイナンスの歴史は長く、1962年から貸金業を始め、1963年から消費者金融の業務を行っています。

UFJグループだった時代もあるのですが、現在は三井住友銀行グループに所属しています。

 

プロミスは保証会社を持たず、プロミス(SMBCコンシュマーファイナンス)以外に債権回収を依頼することはありません。

 

プロミスの取立てはどうなってるの?

 

それではプロミスで返済が出来なくなった場合は、どのような流れで督促されるのかについて見ていくとしましょう。

 

まずは電話連絡から

督促

プロミスでは返済期日を過ぎても返済されない場合、まずはプロミスから電話があります。

数日の遅れくらいであれば、よくあることですので、プロミスとしてはまずは確認の意味も込めての電話連絡になります。

 

ここで返済できれば何の問題もありませんが、返済できないような場合は、何度もプロミスから連絡が入ります。

ただし、三井住友銀行グループの消費者金融ですので、決して暴力的な厳しい取立てをするわけではなく、淡々とマニュアルに従った返済の督促をしてくることになります。

 

返済されない場合は強制執行の可能性も

何度も電話連絡をして督促をしたにも関わらず、返済されそうにもない場合は、督促状が送られてきます。

これに応じなかった場合は、一括返済を求められることになります。

返済できないと要求がどんどん厳しくなっていきます。

それらを無視すると簡易裁判所支払督促状が送られ、さらに無視を続けると給料の差し押さえなどの強制執行になってしまう可能性があります。

 

この流れの中で、プロミスの担当者が自宅に来ることもありますが、テレビドラマの闇金のような取り立てをするようなことはありません。

プロミスの担当者は1円でもいいから返済をしてもらいたいわけですので、話し合いをするために訪問してくるのだと考えてください。

 

確実に返済できないことが決まったらどうなるの?

 

返済できなくなった場合は、強制執行されることになります。

強制執行にはいくつかの方法がありますので、ここではそれぞれの特徴について紹介します。

 

給料の差し押さえ

給料差し押さえ

強制執行で最も一般的なのが給料の差し押さえです。

差し押さえと言っても給料をすべて持っていかれるということはありません。

 

差し押さえできるのは給料の1/4までと決まっています。

正確にはもう少し複雑な計算式があるのですが、ここではその説明は省きます。

 

差し押さえをされると借金を延滞していることが会社にバレてしまいますので、社内でも問題になってしまうかもしれません。

ただし、差し押さえを理由に解雇させられるということはありません。

ただ社内での立場は良くない状態になるのは容易に想像できるかと思います。

サチコ
会社に居づらくなるのは困りますね・・・

⇒プロミス以外でお金を借りたい方はこちら

資産の差し押さえ・強制売却

 

給料の差し押さえと同じくらいよくある強制執行が、資産の強制売却です。

強制執行をして資産の差し押さえや強制売却をするのはプロミスではなく裁判所が行います。

不動産などを裁判所が競売にかけて、その売却益を債権者に分配します。

 

プロミス以外から借りていない場合は、プロミスの借金分だけプロミスの手に渡り、残額があればそのお金は戻ってきます。

ただし家などは手放すことになりますので、非常に厳しい処置になります。

 

どうしても家を手放したくないというようなケースでは、強制執行を待つのではなく、個人再生などの債務整理を活用することも視野に入れておきましょう。

▽今すぐ借りれるカードローン3選▽

支払いのピンチに役立つカードローン特集

プロミス

スピードが自慢のカードローンです

プロミスなら、ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

【↓女性の方はこちら↓】
プロミスレディースキャッシング<

アコム

借入可能か、3秒で診断

アコムの利用が初めての方なら最大30日間、無利息サービスを受けることができます。

審査が心配・・・。という方も公式サイト上で、3項目入力するだけで診断ができます。

楽天銀行口座を持っていれば、ほぼ24時間振融資可能。最短1分程度で振り込んでくれます。

夜間急ぎの時でも助かりますね。

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいという方へ

手軽にスピーディーに借りることができます。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座があれば、WEB完結申込が可能です。

申し込みから利用まで、すべてネットで完結するので、電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に秘密にしておきたいなら、ここで決まりですよ。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

-借入
-,

Copyright© お金がなくて払えない。金欠で支払い不能の時に役立つサイト|滞納SOS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.