生活

車のローンが払えない。滞納なら引き上げられて売却されることも

更新日:

車のローンが払えない

「せっかくローンを組んで買った愛車が引き上げられ売却されてしまった…」

あなたもこんな体験をしたことがありますか?

車は趣味性が強いだけに高額で、しかも3年、5年と長期でローンを組んでいる人も多く、不景気になり給料をカットされたり突然リストラされたりといった理由から、当初は余裕のあった返済計画が崩れ、ローンを返せない状況になってしまうこともあります。

そこで、支払いが遅れてから売却までの流れと、売却を避けるための解決策をお伝えします。

サチコ
ローンの支払いが遅れれば最悪、車は引き上げられ売却されてしまう可能性もあります。

⇒売却を避けて、一時的にお金を借りたい方はこちら

≪このページの要約≫

車のローンは払い終えるまで所有権がローン会社にあることが多く、滞納が2カ月続くと車は引き上げられて売却されてしまいます。

そうならないための解決策は3つ。

  • ローンを組み直して月々の返済額を減らす
  • 自分で車を売ってしまう
  • 思い切って債務整理する

詳しくは本文を参考にしてください。

払えないと愛車を引き上げられることに

車引き上げ

では、車のローンが支払えないとどうなるのか、滞納から引き上げ、売却までの流れを見ていきましょう!

  1. 口座から引き落ちなければ督促状が送られてくる
  2. 再引き落としできなければ職場に電話がかかってくることも
  3. 再々引き落としでも落ちなければ「引き上げ」を勧告
  4. 滞納から1カ月で引上げ予告
  5. それでも払えなければ車が引き上げられる
  6. 滞納から2カ月後には愛車は「売却」

1.口座から引き落ちなければ督促状が送られてくる

車のローンの支払いは、毎月決まった日に銀行口座から引き落とされる方がほとんどだと思います。

その日に残高不足で引き落としができない場合、数日後には次回引き落とし日の案内も兼ねた督促状が自宅へ送られてきます。

こうような残高不足による引き落とし不可の状況が年に数回で、しかもすぐに払っていれば郵送での督促だけで、電話がかかってくることはほぼありません。

延滞損害金と督促費用が加算される

この段階では、よほど滞納を繰り返していない限り督促自体はそれほど厳しくありません。

ただし、通常の引き落とし日を1日でも過ぎてしまえば「延滞損害金」がかかってきます。

損害金のパーセンテージはローン会社によって異なりますが、だいたい18%前後になります。

また、督促が郵便または電話であった場合には200円前後かかるローン会社もあります。

2.再引き落としできなければ職場に電話がかかってくることも

会社に電話

最初の引き落とし日から約2週間後に「再引き落とし」がかかります。

それでも残高不足の状態だと、再々引き落としの案内を兼ねて督促の電話が自宅や携帯電話にかかってきます。

この時に何度かかけてつながらなければ職場にかかってきますので要注意です。

ただし、この段階ではローン会社を名乗ることはなく、あくまでも個人名で電話がかかってきます。

3.再々引き落としでも落ちなければ「引き上げ」を勧告

再引き落としができなければ、さらにその約1週間後(最初の引き落とし日から約3週間後)に「再々引き落とし」がかかります。

この段階で払えないとローン会社から電話や郵便が届き、「このまま支払いがなければ車をお預かりすることになります」というような連絡がきます。

あくまでも引き上げではなく「預かる」という表現です。

4.滞納から1カ月で引上げ予告

引き上げ予告

ここまでくると、状況はかなり危険になってきます。

引き上げのタイミングは業者によっても若干異なりますが、おおよそ1カ月半。

ですので、タイムリミットがかなり迫っています。この段階になると、口調が少し強くなってきます。

もう引き落としがかかることはないので滞納分は振り込むことになります。

電話がかかってきて、「いつなら支払えますか?」と聞かれるでしょう。

「〇月〇日までに払います」と答えれば

→→→「その日にお振込みがなければ車を引き上げる手配をします」などと言われます。

「払える目途が立たないのですが」と答えれば

→→→「では、車をお預かりしますので」などと言われます。

5.それでも払えなければ車が引き上げられる

約束した日までに支払えなければ、いよいよ車は引き上げられてしまいます。

引き上げは業者が勝手にするわけにはいかず、あなたの立ち合いが必要です。

ほとんどのローン会社が業者に引き上げ作業を委託していますので、日時と場所を決めます。

希望があれば自宅以外にも職場や駐車場などにも来てくれる業者も多いようです。

引き上げには約3万円の費用がかかる

この段階であれば、あくまでも「お預かりします」という状態なので、急いで支払いをすれば車は戻ってきます。

引き上げには3万円ほどの費用がかかります。

本来ならあなたの負担となりますが、この段階で滞納分を支払えば業者が負担してくれるところがほとんどです。

サチコ
車を持って行かれた上に、引き上げ費用まだ取られるなんて最悪ですね

⇒引き上げを避けて、一時的にお金を借りたい方はこちら

6.滞納から2カ月後には愛車は「売却」

車売却

愛車が引き上げられても支払いができなければ、最終的に「売却」ということになります。

タイムリミットは滞納から約2カ月後です。

「いくらで売られてしまうのか?」

は気になるところですが、原則として車を引き上げる際、傷の有無や走行距離など車の状態を業者がチェックし、査定額を出してくれます。

引き上げ費用の約3万円は売却代金から差し引かれます。ただし、売却してもローンは残ってしまった…という方も少なくありません。

あなたの大切な信用情報に傷がつく可能性がある

ローンが払えないと愛車が売却されてしまうだけではありません。

いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれる信用情報に、あなたの「滞納」という情報が登録されてしまう可能性があります。

そうなれば約5年間は新しくローンを組んだり、クレジットカードを作れなくなったりすることが多いので注意が必要です。

払えない場合の解決策。売却以外の方法をまず考える

では、次に可愛がっていた愛車が売却…という事態を避けるための解決策を見ていきましょう!

  1. ローンを組み直して月々の返済額を減らす
  2. 自分で車を売ってしまう
  3. 思い切って債務整理をする

1.ローンを組み直して月々の返済額を減らす

ローンの組み直し

返済できないとわかったらすぐにローン会社に連絡をすること。当面、支払いがきついようであれば、ローンの組み直しの相談をしてみてください。

「給料が下がった」「病気やケガで長期入院をした」など、まずは支払えない理由を伝えましょう。

次に、「月々いくらなら払える」「いつからなら払える」といった返済計画をできるだけ具体的に伝えてください。

ローン会社により対応は異なりますが、たとえばローン期間を延長することで月々の返済額を減らしたり、当面は返済額を減らし余裕ができたら増額したりといった方法を提案してくれるはずです。

もちろん、ローンがなくなることはありませんが、月々の返済額が少なくなれば経済的に楽になるのではないでしょうか。

2.自分で車を売ってしまう

タイミングにもよりますが、滞納から2カ月でローン会社に強制的に車を売却されてしまうならば、一層のこと自分から売却してしまうという方法もあります。

何社かで見積もりをとってみると、意外にもローン残高より高く買ってくれる場合もあるかもしれません。

もちろん、車のない不便さはありますが、支払いができなくて結局はローン会社に引き上げ→売却されてしまうのであれば、自分から売ることでブラックリストに登録されてしまう可能性は消えます。

ただし、ローンを組んだ会社によっては、所有権がローン会社にあるため勝手な車の売却を禁止しているかもしれません。

その場合は、ローン会社に相談してみてください。誰が所有者かは車検証に記載されていますので確認してみましょう。

3.思い切って債務整理をする

債務整理

ローンの組み直しをしても払えそうもないのであれば、最終手段として思い切って債務整理をすることも考えておきましょう。

「自己破産」となると家も車も手放さなければなりませんが、車のローン以外にも借金を抱えているようなら、すべてをチャラにして人生をやり直すのもありです。

また、家や車は残しておきたいけれど借金の負担は減らしたいというのであれば、「個人再生」をいう債務整理方法もあります。

これならば家や車は手元に残し、借金だけを大幅に減額することができますので、かなり生活が楽になるはずです。

サチコ
こちらのサイトにどれくらい借金が減ったのか、成功事例がまとめられています

まとめ 早い対処で最悪の事態を免れる

あなたにぴったりの方法は見つかりましたか?

一番大切なのは、「払えない」とわかった段階で対応すること。

ローン会社から連絡が来る前にこちらから連絡するのと、問い合わせや催促の連絡が来てからではどちらが印象が良いかは、あなたにもわかりますよね。

是非、今後の生活が少しでも楽になる方法を選んで対処してください。

▽今すぐ借りれるカードローン3選▽

支払いのピンチに役立つカードローン特集

プロミス

スピードが自慢のカードローンです

プロミスなら、ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

【↓女性の方はこちら↓】
プロミスレディースキャッシング<

アコム

楽天銀行口座お持ちの方必見

アコムの利用が初めての方なら最大30日間、無利息サービスを受けることができます。

審査が心配・・・。という方も公式サイト上で、3項目入力するだけで診断ができます。

楽天銀行口座を持っていれば、ほぼ24時間振融資可能。最短1分程度で振り込んでくれます。

夜間急ぎの時でも助かりますね。

モビット

誰にもバレずに借りたいという方へ

手軽にスピーディーに借りたいならモビット。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座があれば、WEB完結申込が可能です。

申し込みから利用まで、すべてネットで完結するので、電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に秘密にしておきたいなら、モビットで決まりですよ。

-生活
-,

Copyright© お金がなくて払えない。金欠で支払い不能の時に役立つサイト|滞納SOS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.