生活

引越しをしたいけどお金がない。引越し代を業者に払えない時の対処法

更新日:

引っ越し費用がない

引越しの理由は人それぞれですが、十分に引越しまでの期間を取れないことも少なくありません。

例えば、急に辞令が出ると、身軽な単身者でも引越しが大変ですよね。

 

しかも、予定外の引越しだった、貯めていたお金を使ってしまった、入るはずのお金が予定通り入らなかった、意外と引越し費用が高かったなど、引越しを決めた後にお金がない場合もあります。

 

引越しを延期できないなら、ここは慌てずに考えてみましょう。

 

サチコ
このページの要約

引越し代は原則として「当日に前払い」です。引越し代が払えない場合の選択肢は次のどちらかになります。

  • 引越し業者をキャンセルして安い業者に変更
  • 自分で引っ越す
  • クレジットカード・カードローンで払う

詳しくは本文を参考にしてください。

⇒一時的にお金を借りたい方はこちら

 

引越し代の相場

引越し代は、時期で相場が変わります。これは、多くの引越しが年度の変わる3月から4月に行われるからで、繁忙期(3月・4月)と通常期(5月から2月)では、引越し業者が料金を変えてくるためです。

また、当然ながら荷物の量や大きさでも引越し代は変わりますので、以下の金額は目安程度に捉えてください。

 

通常期(5月から2月)

単身 2人家族 3人家族 4人家族
~15km未満 31,000円 63,000円 76,000円 97,000円
~50km未満 34,000円 70,000円 85,000円 108,000円
~200km未満 42,000円 82,000円 98,000円 129,000円
~500km未満 54,000円 108,000円 130,000円 150,000円
500km以上 61,000円 120,000円 160,000円 188,000円

 

繁忙期(3月・4月)

単身 2人家族 3人家族 4人家族
~15km未満 38,000円 78,000円 97,000円 116,000円
~50km未満 42,000円 86,000円 112,000円 125,000円
~200km未満 48,000円 104,000円 143,000円 129,000円
~500km未満 52,000円 123,000円 176,000円 175,000円
500km以上 64,000円 170,000円 230,000円 267,000円

 

引越し業者をキャンセルして安い業者に変更

見積もり比較

引越し業者に見積もりしてもらい、申し込んだ後でもキャンセルすることは可能です。

引越し業者の多くは、国土交通省の標準引越運送約款を採用しており、標準引越運送約款にはキャンセル(解約)に関する規定があります。

 

  • 引越し日の2日以上前:キャンセル料なし
  • 引越し日の前日:キャンセル料1割以内
  • 引越し日の当日:キャンセル料2割以内

 

このように、他の業種のキャンセル料と異なり、引越しでは2日前までにキャンセルするとキャンセル料はかかりません。

もっとも、一部の引越し業者は標準引越運送約款を採用していないので、業者が定めたキャンセル料になることは注意してください。

 

安い引越し業者を探す

引越し業者は全国展開している大手から、地域で営業している業者まで数多くあります。

安い業者を探したければ、一括見積もりサービスを使うか、手当たりしだい連絡して見積もりをしてみるべきです。

 

気を付けたいのは、キャンセル料を払ってまで引越し業者を変えると、キャンセル前のほうが結果的に安くなる可能性があることです。

見積もりだけなら無料なので、確実に引越し代が安くなるとわかってからキャンセルしましょう。

 

 自分で引っ越す

自分で引越す

引越し業者の料金には、運賃の他に梱包材などの実費、燃料代なども含まれますが、大きいのは積み込みと荷降ろしの人件費です。

自分で引っ越すことができれば、引越し代の大きな節約になります。

 

ただし、荷物が少なく・小さい場合を除き、家族・友人・同僚など誰かに頼んで手伝ってもらわないと無理です。

特に女性は、重たいものを運ぶことができませんよね。

 

人数さえ揃えば、後は車を借りて運ぶだけなので、それほど難易度は高くありません。

 

自分で引っ越す場合の費用

引越し業者の料金が荷物の量や移動距離で変わるように、自分で引っ越す場合の費用も条件次第です。

人件費を無視できるとして、最低限以下のような費用がかかります。

 

レンタカー代:1日借りて軽トラックなら1万円弱、2tトラックで1万5千円程度

梱包用段ボール:0円~5,000円(スーパーなどで貰える)

ガムテープ:1,000円程度(布テープのほうが良い)

移動費:移動距離に応じたガソリン代・高速代

 

自分で引越しすると、移動費以外は1万円~2万円の範囲で済みます。

何人か手伝ってもらい、お礼に食事をごちそうしたくらいでは、引越し業者よりも安く済みます。

 

しかし、引越し業者なら1日で引っ越すところを、自分で引っ越すと2日かかる場合は、レンタカー代が高くなります。

不用品は思い切って処分してしまい(売れるものは売って費用の足しにする)、できるだけ短時間で引越しすることがポイントです。

サチコ
引越しできないなんて、困りますよね

⇒一時的にお金を借りたい方はこちら

クレジットカード・カードローンで払う

引越し代金クレジットカード払い

引越し代の支払いは、作業開始前または積み込み完了時です。

引越し先で請求すると、払わない客がいるかもしれないので、引越し代は先払いが基本になっています。

 

したがって、引越し日までにお金を用意しなくてはならず、どうしても手持ちがない場合は、クレジットカードで払うか、カードローン(キャッシング)で借りて払うしかないでしょう。

クレジットカードで払う

クロネコヤマト、アート引越センター、サカイ引越センターなど大手の引越し業者はクレジットカード払いに対応しています。

クレジットカード払いの際は、事前連絡を必要とする引越し業者も多いので注意してください。

クレジットカードが使えない業者もあるので見積もり時か契約時にクレジットカードの支払いができるのか確認しておく必要があります。

カードローン(キャッシング)で借りる

カードローンは最後の手段となるかもしれませんが、日程から引越しが避けられず、自分でも引越しできないとなれば、結局は引越し業者に頼むしかありません。

 

むしろ、お金がなくてキャンセルしたときに、1割や2割のキャンセル料を取られるくらいなら、カードローンで借りた利息のほうがずっと安いです。

どうしてもキャンセルできないときは考えてみたい選択肢です。

 

また、今の住居が賃貸の場合、敷金から清掃費などが引かれ、残りが戻ってくる可能性もあります。

敷金をアテにできると借りる期間が短くなり、ほとんど利息なしで借りることもできるのではないでしょうか。
⇒引越し費用を借りたい方はこちら

 

まとめ お金を用意するか自分で引越す

荷物を運ぶだけでなぜ?と思うほど引越し代は高額になることも多いです。

単純ですが肉体労働ゆえに、引越しのアルバイトが高いのは有名な話ですよね。

 

とはいえ、引っ越す側としては、もう引越しが決まっているのですから支出は避けられないわけで、できるだけ引越し代を節約するか、何とか用意して払いましょう。

▽今すぐ借りれるカードローン3選▽

支払いのピンチに役立つカードローン特集

プロミス

スピードが自慢のカードローンです

プロミスなら、ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

【↓女性の方はこちら↓】
プロミスレディースキャッシング<

アコム

楽天銀行口座お持ちの方必見

アコムの利用が初めての方なら最大30日間、無利息サービスを受けることができます。

審査が心配・・・。という方も公式サイト上で、3項目入力するだけで診断ができます。

楽天銀行口座を持っていれば、ほぼ24時間振融資可能。最短1分程度で振り込んでくれます。

夜間急ぎの時でも助かりますね。

モビット

誰にもバレずに借りたいという方へ

手軽にスピーディーに借りたいならモビット。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座があれば、WEB完結申込が可能です。

申し込みから利用まで、すべてネットで完結するので、電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に秘密にしておきたいなら、モビットで決まりですよ。

-生活
-

Copyright© お金がなくて払えない。金欠で支払い不能の時に役立つサイト|滞納SOS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.