生活

自己破産費用が払えない。予納金分納、法テラスなどお金がない時の対応

更新日:

自己破産費用

「自己破産したいけどそのための費用が払えない…」

あなたもそんなジレンマに陥っていませんか?

残念ながら事前に費用が用意できなければ、自己破産の手続きは進められません。

ただし、やり方によっては貸金業者からの取り立てをすぐにストップする方法もあります。

そこで、自己破産の費用が用意できない方のために、支払えないとどうなるかの流れとその解決法をお伝えします。

サチコ
費用の支払い方法は様々です。自己破産以外の整理方法もあるので、まずは自己診断してみましょう

⇒ネットで無料診断。自分にあった借金方法がわかる

 

≪このページの要約≫

自己破産には「同時廃止」「少額管財」「通常管財」の3種類があり、それぞれ手続きにかかる費用は異なります。

また、裁判所に支払う費用はすべて先払いとなるため、支払えなければ自己破産の手続きができなくなってしまいます。解決法は2つ。

  1. 裁判所の費用を分割にしてもらう
  2. 司法書士、弁護士費用は成功報酬にしてもらう

詳しくは本文を参考にしてください。

 

自己破産の種類によってかかる費用も異なる

自己破産費用

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、はじめに自己破産にかかる費用を簡単にまとめておきます。

自己破産をした場合、費用は大きく分けて2つあります。

  • 裁判所に払う費用
  • 司法書士・弁護士に払う費用

 

裁判所に支払う費用は安ければ約1.5万円~

  • 破産申立+免責申立費用…1,500円(収入印紙代)
  • 予納郵券代…3,000~15,000円(切手代)
  • 予納金…10,000~800,000円

参考:裁判所「自己破産の申立てを考えている方へ」

予納金とは、自己破産をすると「官報」といって法令や大臣などの人事、官庁や裁判所からのお知らせなどが掲載された「国民と政府をつなぐ情報誌」のようなものに載るわけですが、そのために使われるお金です。

自己破産には「同時廃止」「少額管財事件」「管財事件」の3種類があり、一般的に個人で自己破産をする方は「同時廃止」の方法で行う方がほとんどです。

自己破産の種類 予納金の金額
同時廃止事件 10,000~20,000円
少額管財事件 200,000円
通常管財事件 500,000~800,000円

 

弁護士や司法書士に頼むのなら15万円~

自己破産の手続きは面倒ですが自分でもできます。

もし専門家に頼むのであれば、そのための報酬が裁判所の費用と別途かかります。

  • 司法書士の相場・・・15~30万円前後
  • 弁護士の相場・・・20~50万円前後

 

自己破産の裁判費用はすべて前払い

前払い

自己破産の場合、裁判所の費用はすべて前払いとなるため、払えなければ破産の手続きそのものをすることができません。

 

財産がない人は費用も安い

通常は自己破産をすると家や土地、高価な宝石などがあれば換金され、お金を借りている債権者の返済に充てられます。

ところが、換金できるような財産がない場合は「同時廃止」となります。

ただ、同時廃止の場合、自分で破産手続きができるため、かかる費用の総額も1.5~2万円前後と安くすみます。

なので、財産がない方は支払う費用の心配をしなくて大丈夫です。

サチコ
同時廃止の場合、報酬を相談できる弁護士にお願いするのが大事です。

⇒ネットで無料診断。自分にあった借金方法がわかる

 

払えない場合の解決策

解決策

では、家や土地など換金できる財産がある方で、自己破産の手続き費用が払えない場合の解決策を見ていきましょう!

  1. 予納金を分割払いにしてもらう
  2. 司法書士や弁護士費用は成功報酬にしてもらう
  3. 「法テラス」を利用する

1.予納金を分割払いにしてもらう

管轄の裁判所によっても異なりますが、東京地裁であれば予納金の分割は最大4回までなら認められています。

少額管財であれば20万円なので、月額5万円を4カ月に分けて支払うことが可能です。

ただし、支払いが終わるまで、つまり4カ月先まで自己破産の手続きはストップされます。

また、少額管財は「自己破産する者の代理人が弁護士である」ことが条件となります。

なので、分割の相談も弁護士に行い、予納金は毎月弁護士に預けることになります。

 

弁護士に依頼すれば貸金業者への支払いが即時ストップする

「分割にすると4カ月も手続きがストップするのか…」

そう思われるかもしれませんが、そもそも弁護士に依頼しても、破産手続きの準備だけで1~2カ月かかることが多いのです。

なので、実際のロスタイムは2ヶ月ほどあります。

しかも、弁護士に依頼をすると貸金業者などの取り立てはすべてストップします。

それまで支払っていた返済分を、その分から毎月5万円ずつを弁護士の指定口座へ送金する、ということになります。

 

2.司法書士や弁護士費用は成功報酬にしてもらう

司法書士や弁護士に依頼する場合、通常は破産手続きをスタートする前に、費用の一部を着手金として支払う必要があります。

ただし、お金が用意できないのであれば、成功報酬で請け負ってくれる事務所もありますので探してみましょう。

成功報酬であれば、自己破産が成立してからの支払いとなります。

また、最近は分割でもOKという事務所もありますのでネットで検索してみるのもいいのではないでしょうか。

 

3.「法テラス」を利用する

弁護士に頼みたいけど費用が捻出できないというのであれば、日本司法支援センターの「民事法律扶助制度」を利用する方法もあります。

同センターは通称「法テラス」とも呼ばれています。

法律家の助けが必要なのに弁護士費用が用意できない人に向けたサービスです。

法テラスを通じて弁護士を紹介してもらえば費用を安くしてくれ、しかも法テラスが弁護士費用を立て替えてくれます。

また、返済は分割でOKです。

 

無料相談もありますので、詳しくはこちらのサイトで確認してください。

「法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ」

http://www.houterasu.or.jp/index.html

 

まとめ 一度相談してから考える

相談してから

財産はあるけど、「手元に予納金の20万円が用意できない」「弁護士費用がない」という方にとっては、分割払いという選択があります。

そもそも「本当に自己破産が必要なのか?」ということをご自身でもう一度考えてみるのもひとつの方法です。

確かに自己破産はすべての借金がチャラになりますが、その分、失うものも大きくなります。

債務整理には自己破産以外にも、家など大切な財産を残しつつ借金の総額を減らす方法もあります。

もしもあなたが「自己破産しないと思っていた」というのであれば、無料相談を受け付けている事務所もあります。

一度、司法書士か弁護士に相談してみてはいかがでしょう。

サチコ
どこの事務所も原則相談は無料なので、一人で悩まないで

⇒相談前に、借金返済方法をネットで無料診断。

支払いのピンチに役立つカードローン特集

プロミス

スピードが自慢のカードローンです

プロミスなら、ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

【↓女性の方はこちら↓】
プロミスレディースキャッシング<

アコム

借入可能か、3秒で診断

アコムの利用が初めての方なら最大30日間、無利息サービスを受けることができます。

審査が心配・・・。という方も公式サイト上で、3項目入力するだけで診断ができます。

楽天銀行口座を持っていれば、ほぼ24時間振融資可能。最短1分程度で振り込んでくれます。

夜間急ぎの時でも助かりますね。

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいという方へ

手軽にスピーディーに借りることができます。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座があれば、WEB完結申込が可能です。

申し込みから利用まで、すべてネットで完結するので、電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に秘密にしておきたいなら、ここで決まりですよ。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

-生活
-, ,

Copyright© お金がなくて払えない。金欠で支払い不能の時に役立つサイト|滞納SOS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.