借入

住信SBIネット銀行に返せない。Mr.カードローンの借入|滞納SOS

更新日:

sumishin

ネットからの申し込みだけで簡単にお金を借り入れることができ、さらに金利も低いと評判の住信SBIネット銀行の「Mr.カードローン」。

実店舗に来店不要のうえ、手続きが簡単なので必要以上に借りてしまい、あとから返済ができなくなってしまった!というケースがあります。

また、パソコンに慣れていない人が利用して、よくわからないまま放置していたら突然催促が…なんてことも。

 

ここでは住信SBIネット銀行から借りたお金が返せない場合にはどうなってしまうのか、返せない場合の対策を含めてご紹介していきます。

住信SBIネット銀行ってどんな金融機関?

まずは住信SBIネット銀行について、どのような金融機関なのか確認していきます。

ネット銀行なので、メガバンクのように各地に実店舗を構えているわけではありません。

しかし、ネット銀行ならではの手軽さや、全国に提携ATMを備えるなど、利便性やサービスの充実した金融機関になっています。

またFX取引、海外株式を取引している人や、ネットに慣れている人たちからの評判はよく、ネット銀行としては使い勝手のよい金融機関といえるでしょう。

 

住信SBIネット銀行のおおきな特徴

  • 三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資しているネット銀行
  • ネット銀行のため実店舗はなく、新宿にローンプラザがあるのみ
  • ネットでの申し込みが前提のため、カードローン専用カードは発行されない
  • 保証会社はオリックス・クレジット1社のみ

 

もしも借金の返済が行われない場合は、保証会社であるオリックスクレジットが返済の穴埋めをする、という仕組みになっています。

取り立てて住信SBIネット銀行や、オリックスクレジットのローン回収の取り立てが厳しい、という声はほとんどありません。

しかし、上の二つの会社から連絡はこなくても、債務回収会社からの連絡を放置していると、裁判所に出頭しなければならない事態にもなりかねません。

 

Mr.カードローンの返済が遅れた場合の大まかな流れ

督促

では、住信SBIネット銀行のネットローン「Mr.カードローン」の返済が遅れた場合、どのようなことが起こるのでしょうか。

 

 

  1. 遅延損害金が発生する
  2. 電話での催促
  3. 督促状の送付、やがて裁判へ発展する

 

遅延損害金が発生する

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の遅延損害金は、借入残高に対して借入利率20%(年)となっており、ネット銀行の中でもかなり高額なものとなっています。

この遅延損害金は本来の返済日(毎月5日)の翌日から日割り計算で加算されます。

たとえば借り入れた50万円を返済しないまま30日間延滞した場合、8,219円もの遅延損害金が発生します。

このように、返済しないまま放置しておくととんでもない額の債務を抱えることになります。

 

また、この遅延損害金が発生している間は、追加で融資を受けられなくなります。

たとえ返済を終えたとしても、融資してもらえなくなる場合もあるので注意してください。

 

電話での催促

本来の返済期日に間に合わなかった場合、翌日には電話などで催促の連絡があります。

その段階で新たに返済期日を決め、その期日までに遅延損害金とあわせて取り決めた返済額を支払う必要があります。

大体の場合はここでやり取りを終え、遅延損害金と合わせて返済することで事なきを得ます。

 

督促状の送付、やがて裁判へ発展する

電話に出なかったり、その後も度重なる電話での催促を無視し続けた場合、督促状が送付されます。

それでもなお返済しない場合、保証会社などが債務者に代わって代位弁済を行います。

この段階まで来ると債務者も支払う意思がほとんどない場合が多いので、裁判や強制執行など、法的措置が行われる可能性が非常に高くなります。

また代位弁済が行われると、個人信用情報に異動情報として記載され、その後5~10年の間、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなってしまいます。

サチコ
裁判や強制執行など、法的措置が行われるなんて、困りますよね

⇒滞納前にお金を借りたい方はこちら

住信SBIネット銀行で借りたお金を返済できなくなったらどうすればいい?

弁護士に相談

強制執行が行われると、給与の差し押さえや、自宅・PCなどの財産が競売にかけられ、換金されたお金が支払いに充てられてしまうことになります。

どうしても返済できない、と分かった段階で、一度返済を諦め、弁護士に相談して債務整理を行ってください。

特に他社からの借り入れがない場合は、個人再生・自己破産のいずれかの措置を取ることになります。

大げさな話ではなく、返済が滞ってしまった場合には誰にでも降りかかるかもしれないことなのです。

その後の生活の展望にかかってくる重要な選択となりますので、できるだけ早く弁護士に相談し、状況に応じた的確な方法を提示してもらいましょう。
▽今すぐ借りれるカードローン3選▽

支払いのピンチに役立つカードローン特集

プロミス

スピードが自慢のカードローンです

プロミスなら、ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

【↓女性の方はこちら↓】
プロミスレディースキャッシング<

アコム

借入可能か、3秒で診断

アコムの利用が初めての方なら最大30日間、無利息サービスを受けることができます。

審査が心配・・・。という方も公式サイト上で、3項目入力するだけで診断ができます。

楽天銀行口座を持っていれば、ほぼ24時間振融資可能。最短1分程度で振り込んでくれます。

夜間急ぎの時でも助かりますね。

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいという方へ

手軽にスピーディーに借りることができます。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座があれば、WEB完結申込が可能です。

申し込みから利用まで、すべてネットで完結するので、電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に秘密にしておきたいなら、ここで決まりですよ。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

-借入
-,

Copyright© お金がなくて払えない。金欠で支払い不能の時に役立つサイト|滞納SOS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.