生活

賃貸物件の退居費用が払えない!?撤去費用を工面する方法とは?

更新日:

001

賃貸物件を借り、引っ越すときには必ず「退去費用」を支払わなければなりません。

しかし思ったより退去費用が高くついて困った…という声を耳にしたことはありませんか?

部屋を引き払うにあたり、クリーニング等の原状回復を行うべく、支払うべき退去費用。

もしもその退去費用が払えない場合、どのような対策が考えられるのか解説していきます。

⇒一時的にお金を借りたい方はこちらをタップ

 

敷金ゼロ物件の落とし穴。退去費用の金額が跳ね上がる!?

002

賃貸物件を借りる時に敷金礼金ゼロ物件だと、初期費用が抑えられるため家を借りる人にとっては嬉しい場合が多いのではないでしょうか?

確かに、引っ越し費用を考えると敷金礼金ゼロで家賃だけなら大金もいらないし、気軽に引越しができると思っている方もいるでしょう。

しかし、事情があって引越しをしようと思った時、敷金礼金ゼロ物件なら退居費用がかなり必要になります。

 

退居費用の一例を記載しますので参考にしてください。

  • お部屋のクリーニング費用  25,000円
  • エアコンクリーニング費用  10,000円
  • クロス張り替え費用     56,000円
  • 消費税            7,280円

合計            98,280

 

こちらは、1K賃貸アパート退居費用の一例です。

部屋が広くなればこれ以上の退居費用がかかる事も珍しくありません。

1人暮らしで退居費用が必要になるなら、安くて10万円前後、部屋の状況によっては15万円程になる場合もあるでしょう。

敷金礼金ゼロで安いと思っていたら、退居する時になって高額の退居費用を請求されトラブルになる事がよくあります。

 

退去費用のトラブルは少なくない。必ず不動産業者から詳しい説明を受けておくこと

しかし、賃貸契約時に退居費用が必要だと言う事は契約の中で確認しているはずです。

どれくらいの費用になるのか退去時の状況によって異なる為、詳しく説明しない不動産業者も少なくありません。

借りていた人が引っ越した後にクリーニング費用や原状回復費用請求があるので、高額な請求をされると多くの方がビックリするはずです。

 

引っ越したばかりでお金が無いのに高額な退居費用を請求され、どうしようと悩む場合もあるでしょう。

無理してでも物件を借りる時に敷金を払っていれば良かったと思っても後の祭りです。

これが、敷金礼金ゼロ物件の落とし穴なので、退居する時は退居費用の事も考えておかなければなりません。

 

賃貸物件の退居費用とは?原状回復のルールについて知っておこう

003

賃貸物件の退居費用は、原状回復ルールにのっとり行われるもので、部屋を貸す前の状態に戻すのが目的です。

部屋の使用方法によって、退居費用にも差が出てきますが、相場は1人暮らしだと10万円から15万円、複数の部屋があるなら程度によって20万円近くになる場合もあるでしょう。

このように高額な費用ですがどんな費用を退居者が払うのでしょうか?

どんな費用が退居費用として必要なのか確認してみましょう。

  • 部屋のクリーニング費用
  • エアコンのクリーリング費用
  • 壁紙の張替
  • フローリングの修繕
  • 畳替え
  • その他修理等

このような費用が退居費用として請求されます。

賃貸物件を借りる時に契約書を交わしますが、実は、この契約書に退居費用の記載がある場合も多いです。

原状回復は全て借主負担などの記載がある場合、退居費用の全てを借りていた人が払う事になります。

退居費用でのトラブルが多くなったため、原状回復ガイドラインというものが作られ、指針にはなっていますが、法律ではなくあくまで目安なので、契約書で最初に借主の了承を得られていればあまり関係ないということもよくあるのです。

原状回復ルールが契約書で交わされていると借主の立場はどうしても弱くなってしまいます。

 

原状回復ルールについて

そもそも退居費用が発生するのは原状回復ルールがあるからです。

原状回復ルールとは、基本的には借りる前の状態に部屋の状態を戻して返すというものになります。

ただし、国が出している原状回復ガイドラインで、借主の経年の使用による通常の劣化は家賃に含まれていると記載されているのです。

つまり、普通に使っていて傷んだような部分は家賃に含まれているから退居費用に含めなないというのが記載されています。

しかし通常使用ではなく、部屋の使い方によっては高額の退居費用が必要になる事があるのです。

 

タバコを吸っていた場合など、クリーニング代が高額になるケースも少なくない

例えば、部屋を借りていた人がタバコを吸っていた場合、白い壁紙なら数年で黄色く変色します。

場合によっては、部屋の全ての壁紙を張り替える事になるでしょう。

このような場合、部屋を借りていた人がたばこを室内で吸ったことが原因です。

部屋の壁紙が黄色っぽいと次の入居者が不快に感じる事もあるので、程度の大きい劣化と判断される事もあるでしょう。

例えば、1Kの部屋の壁紙を張り替えるだけでも5万円以上かかります。

その他、クリーニング費用などを合わせると10万円前後になってしまうのです。

 

壁に穴が開いていたり、フローリングに目立つ傷が複数あったりする場合も高額な退居費用を請求される理由になります。

賃貸物件を借りる時は「借りものだから大事に使う」というのをいつも考えておきましょう。

例え、退居費用が高すぎると裁判になったとしても、借りていた人に落ち度があれば原状回復ルールから考えても必要な費用になります。

原状回復ルールをきちんと理解したうえで部屋を使用しておかなければならないのです。

 

退居費用が払えないとどうなるのか?保証人に迷惑をかけることになる

004

敷金礼金ゼロ物件で契約し、退居費用を請求されても何とかなるだろうと簡単に考えている人もいるのではないでしょうか?

でも、この行動が自分だけではなく他の人にも迷惑をかける事になると言う場合もあるのです。

 

賃貸物件を借りる時に賃貸契約というのを行います。

契約では保証人が必要で家賃が払えなかった場合、保証人に請求が行くようになっています。

保証人は、借りた人が家賃を払えなかった時、払うという書面に印鑑を押しているので払う責任が生じています。

 

家賃だけではなく、退居費用も同じです。

再三、大家さんから退居費用の請求が来ているのに放置しておくと、保証人に連絡が行きます。

つまり、保証人の方が借りている人の代わりに払わなくてはいけないので迷惑をかける事になるのです。

保証人は自分の家族を指定することが多いですが、この返済によって家族関係をおかしくしてしまうこともあります。

お金にルーズだと人としても信頼されなくなってしまい、悪い噂を流される事さえあるのです。

 

保証人のない賃貸契約は一気に弁護士、法的措置になる恐れも

近年は、保証人が必要ない賃貸契約も増えています。

この場合、保証人の支払が請求できない為、退居費用を払わないでいると弁護士から連絡が来て期限内に支払うよう促されます。

この支払期限も無視して放置すれば、裁判沙汰になってしまうこともあります。

裁判には仕事を休んで行かなければなりませんし、例えすべてに参加したとして勝訴する事はありません。

退居費用を払わなくて済むようになる事は無いので、揉めるだけ揉めて払う事になるのです。

例え急に他の地域へ引っ越しても、退居費用を払わずに逃げ切れることはありません。

借主が退居費用を払わなければ保証人に迷惑をかけ、裁判になっていれば、逃げたことが不利になり迷惑料も払う事になります。

退居費用の請求が来た段階で、すぐにでも支払っておくことが保証人に迷惑をかけず一番スッキリした退居方法なのです。

 

撤去費用を工面する方法

005

賃貸物件から退去した後に、退居費用の金額を見てびっくりする人は多いもの。

ですが、思っていた以上に高額な費用になった場合、どうすればいいのでしょうか?

例えば、引っ越ししてやっと落ち着き、これから新しい賃貸物件で生活を始めようと考えている人の中には、家具や家電をローンで購入し、新しいライフスタイルを始めているという人もいるでしょう。

しかし、退居費用の請求で予定が狂い、支払うお金が無いという事もありがちです。

請求を無視してしまうと、保証人に迷惑をかける事になりますし、保証人がいなければ訴えられることもあります。

 

退去費用を工面するための方法。人から借りるのはハードルが高いかも

でも、お金が無いから払えないという人もいるのではないでしょうか?

友人や家族にお金を借りようとする人もいますが、恥ずかしいという人も多いですし、信頼関係がお金の貸し借りで崩れてしまう事もあります。

職場に前借を頼んでみようか?という人もいるかもしれませんが、職場によっては前借が難しい場合もありますし、金銭感覚を上司に疑われる事もあるでしょう。

短期間で稼げるバイトができれば良いのですが、引っ越しなどで忙しい中だとなかなか難しいかもしれませんね。

中には、パチンコなどのギャンブルに手を出して何とか捻出しようとして、逆に借金を増やしてしまう事もあります。

 

最後の砦としてカードローンで解決するという方法を残しておく

そんな時は、確実にお金を工面できるカードローンを上手に使うのもひとつの解決策です。

カードローンというと抵抗がある人もいるかもしれませんが、実はスマホやパソコンからでも簡単に申し込みができます。

スマホからだと、誰にも出会うことなく退居費用を借りることができて便利です。

保険証や給与証明書があれば、在籍確認などの電話が職場にかかって来るようなこともありません。

誰にもお金を借りているという事がバレませんし、少しずつ返済していく事もできるのがカードローンのメリットです。

審査が早いカードローンだと、申し込んで数時間経たないうちに審査結果がわかるので、最速でその日のうち、翌日中には退去費用を払えるようになります。

またカードローンによっては、初回利用のみ一定期間利息がつかない場合もあります。

 

退居費用は敷金を払っていない限り賃貸物件から引っ越すなら必要な費用です。

しかし、払う金額が高額になる事も多く予想外の出費になってしまいます。

結局は払わなければならない費用なので、カードローンなどを上手に使ってとりあえず払っておきましょう。

⇒一時的にお金を借りたい方はこちらをタップ

 

まとめ:予想より高額な退去費用は借り入れなどで解決しよう

賃貸物件の退居費用は、想像以上に高かったという人がほとんどです。

自分では、そんなに汚していた自覚が無くても、壁紙を変えたり、壁の修繕をしたりするとかなりの金額が加算されて請求される事になります。

普段、部屋を使っている時に退居費用の事を考えながら生活すれば良いですが、そういう人はほとんどいないので、しまったと思った時には遅いのです。

しかし例え退居費用を請求された時、ちょうどお金が無かったとしてもカードローンなどを活用すれば、とりあえず退居費用を支払う事はできます。

退居費用が支払えなければ、他の人に迷惑をかける事もありますし、最悪の場合訴えられてしまうので、無駄な時間とお金を使わない為にも早く解決する事を心掛けましょう。

支払いのピンチに役立つカードローン特集

プロミス

スピードが自慢のカードローンです

プロミスなら、ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

【↓女性の方はこちら↓】
プロミスレディースキャッシング<

アコム

借入可能か、3秒で診断

アコムの利用が初めての方なら最大30日間、無利息サービスを受けることができます。

審査が心配・・・。という方も公式サイト上で、3項目入力するだけで診断ができます。

楽天銀行口座を持っていれば、ほぼ24時間振融資可能。最短1分程度で振り込んでくれます。

夜間急ぎの時でも助かりますね。

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいという方へ

手軽にスピーディーに借りることができます。

三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座があれば、WEB完結申込が可能です。

申し込みから利用まで、すべてネットで完結するので、電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に秘密にしておきたいなら、ここで決まりですよ。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

-生活
-,

Copyright© お金がなくて払えない。金欠で支払い不能の時に役立つサイト|滞納SOS , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.