クレジットカード

オリコカードが払えない。支払日前や延滞、滞納の時にできること

更新日:

オリコカードが払えない

クレジットカードのなかでもオリコカードを持ちたいと考える人は少なくありません。

オリコカードは電子マネーとの連携が早く、現金を持ちたくないと考える人にとって非常に便利なカード。

 

しかし現金を持たず決済するということに慣れないと、ついつい必要以上に買い物に使ってしまうこともあります。

ここでは、オリコカードの支払いを延滞するとどのようになるのか紹介していきます。

またどうしても支払えない時に取るべき行動も紹介します。

 

サチコ
このページの要約

オリコカードをはじめとするクレジットカード各社は、支払の延滞を厳しく言及します。

2ヶ月以上延滞してしまうと、金融事故として信用情報に傷をつけてしまいます(ブラックリスト入り)。

信用情報に傷がつくと、新規融資を受けられなくなり、ローンも組めなくなるため大変不便です。

 

前もって支払が難しいとわかっている場合は、オリコカードに相談をして「あとリボ」「支払いPASS」を利用しましょう。

延滞後支払いが難しい場合、早い段階から弁護士に相談することも視野に入れて考えてください。

 

 オリコカードってどんなカード?

まずはオリコカードがどのようなカードなのか、ざっくりと再度確認していきましょう。

 

オリコカードの主な特徴

年会費 無料
利用可能額 10万円~300万円
引き落とし日 月末締め、毎月27日払い
利用明細 郵送の利用明細
eオリコサービスでネット上で確認可能
国際ブランドマーク 「VISA」「JCB」「MasterCard」
審査 オリエントコーポレーション
還元率 100円で1ポイント
リボ払い金利 実質年率15.0%
遅延損害金 実質年率6.0%~14.6%

オリコカードといえば、普段の支払いがキャッシュレスで済むことで非常に便利なカード。

「Mastercardコンタクトレス」「Visa payWave」や電子マネー「iD」「QUICPay」に対応しています。

オリコモールというポイントモールを通してamazonや楽天で買い物をすれば、いつもよりポイントが貯まりやすくなるのも魅力です。

また騒動を引き起こした「てるみくらぶ」の全額返金対応を予定しているとのこと。

 

もう一つの特徴は、提携カードが多く、アーティストやドラックストアのオリコカードも存在すること。

オリコカードとは知らずにカードを作り、延滞してしまった記録がオリコに残っていて審査が通らなかった…なんてケースもあるほどです。

提携会社が多く、サービスが充実しているカードだといえます。

 

 オリコカードの支払いを滞納するとどうなるの?

それでは、オリコカードの支払いを延滞してしまうとどうなってしまうのでしょうか。

  1. オリコカードの利用停止、遅延損害金の発生
  2. 振込用紙の送付、電話連絡
  3. オリコカードの強制解約
  4. 支払延滞より2か月後、信用情報に金融事故として履歴が残る
  5. 裁判所から支払督促状が送付され、強制執行により差し押さえが行われる

 オリコカードの利用停止、遅延損害金が発生

支払日に引落ができないと数日以内にオリコカードが利用できなくなります。

オリコカードの支払日は毎月27日なので、翌月にはすでに使えなくなっていると思ったほうが良いでしょう。

また、引落できなかった翌日から遅延損害金(年利6.0%~14.6%)が発生します。

 

振込用紙の送付、電話連絡

電話確認

他のクレジット会社では2回目の引落をしてくれる場合があります。

が、オリコカードは2回目の引き落としはなく、コンビニ払いの用紙を送付されます。

また電話連絡では、それまでの延滞の頻度により対応が異なります。

初めて滞納した場合、振込用紙の送付を行い、翌月の15日を目処に支払いがあるか様子を見られます。

もし支払いがない場合は、電話での督促・振込用紙が届いているのかなどの確認の電話がかかってきます。

頻繁に延滞している人の場合、毎日のように電話での督促が行われます。

 

オリコカードの強制解約

それまでの支払い状況などによりますが、延滞を続けていると強制解約となります。

何度も延滞している人なら、引き落としができなかったあと数日で強制解約という事もあるようです。

多くの人の場合は、2~3カ月未払いが続くと強制解約になります。

 

支払延滞より2か月後、信用情報に金融事故として履歴が残る

信用情報には、初めての延滞の場合は61日以上の延滞で金融事故の延滞として残ります。

何度も延滞を繰り返している場合、各カード会社の独自の判断で、信用情報に延滞として金融事故として登録されます。

オリコカードの場合は、その基準が非常に厳しくなっています。

確実に支払い日の前日までに、口座にお金を入れておくようにしましょう。

 

裁判所から支払督促状が送付され、強制執行により差し押えが行われる

電話での督促の対応などにより判断され、滞納が続くと裁判所を通じて督促状が送付されます。

裁判所からの督促を放置していると、強制執行により給料、銀行口座の凍結などの差し押えが行われます。

特に給料が差し押さえられると、職場にも差し押さえの事実が発覚してしまうため、上長から叱られる方も少なくありません。

最終的に職場にいられなくなり、自主退職する方も多いようです。

また預金口座に入っていたお金は返済に充てられ、ほとんど戻ってくることはありません。

 

オリコカードの支払いができない時の対応策

支払日より以前に支払いができないとわかったら、できるだけ早く対応策を講じるようにしましょう。

延滞してしまったあとの場合、その人の状況によって取るべき対応が異なります。

 

「あとリボ」に切り替える

カードショッピングの1回払いやボーナス払いなどを変更する「あとリボ」というサービスがあります。

あとリボには、3種類の変更方法があります。

  • 全額リボ変更:次回支払いをすべてリボ払いにできる
  • 一部リボ変更:次回支払いの一部をリボ払いにできる
  • 毎月リボ:自動的に全額リボ払いになる

リボ払いはとても便利ですが、返済が長期化すると利息だけを返済するようになり、元金が全く減らないというリスクもあります。

毎月無理のない返済ができるといっても、最終的に支払うお金が増えるのでは意味がありませんよね。

リボ払いに変える場合は、よく検討したうえで自分に合った変更をしてください。

 

オリコカードのサービス「支払いPASS」を利用する

「支払いPASS」とは、クレジットカード・ショッピングクレジットなどのサービスを利用時、不意な出費で払えないときに、当月分の支払いを来月からのリボ払いに変更できるというサービスです。

支払いPASSを利用する場合は、今までの契約しているサービスとは別に、新たに融資契約をするものであります。

当月の支払いを「支払いPASS」にする場合は、毎月11日~23日に申込む必要があります。

 

オリコカードに相談する

カスタマーセンターに電話

上記二つのリボ払いへの変更方法には申請期間があり、できるだけ早くオリコカードに連絡しないといけないのが難点です。

どちらにすればいいのか判らない場合は、オリコカードに電話をして相談しましょう。

北海道 クレジット全般 011-214-5533
東北 クレジット全般 022-266-6431
茨城・千葉 クレジット全般 043-275-9626
山梨・長野・神奈川 オートローン関連 03-5213-6981
ショッピングクレジット関連 03-3532-9841
東京 オートローン関連 03-5213-6981
ショッピングクレジット関連 03-3532-9841
栃木・群馬・埼玉・新潟 クレジット全般 048-643-1410
東海・北陸 クレジット全般 052-231-3711
近畿 クレジット全般 06-6263-3100
中国・四国 クレジット全般 082-225-5300
九州・沖縄 クレジット全般 092-441-7311

※受付時間:9:30~17:30(土・日・祝日を除く)

電話での相談ができない場合は、メールでの相談も可能なので公式HPより相談をしてください。

 

入金できなかった場合、地域によって問い合わせ先が違う

もしも支払い期日である27日までに入金できなかった場合は、サービスセンターに連絡する必要があります。

日本を大きく2つにわけて、「東地区」「西地区」で、問い合わせ先が異なります。

入金が間に合わなかった時には、できるだけ早く各サービスセンターに連絡してください。

→オリコカード:ご入金できなかった場合のお問合せ先

 

延滞してしまったらできるだけ早くお金を用意する

延滞してしまった場合は、できるだけ早くお金を用意して支払うしかありません。

具体的な方法としては次の通りです。

  • 友人や家族からお金を借りて支払う
  • カードローンで一時的に補填する
  • 物を売って用意する
  • 債務整理をする

 

友人や家族からお金を借りて支払う

身内にお願いする

 

支払が数万円といった場合は、翌月の生活を切り詰めれば借りた人にも支払いが可能なはずです。

親や兄弟、友人など、腹を割って話せる人にお願いしてみましょう。

きちんと借入の記録を残したい場合には「借用書」の作成も提案してみてください。

借用書が一枚あるだけでも、相手にかける負担や心配を軽減することができるはずです。

お金の貸し借りはトラブルの火種になりやすいので、慎重に話を進めることを心がけましょう。

 

カードローンで一時的に補填する

どうしても周囲に相談できない場合は、カードローンで一時的に補填するのも方法です。

一度借りたら、オリコの支払いをすべて済ませてしまいましょう。

毎月の支払い先が2つの会社になると、また延滞をしてしまう原因となります。

返済先はひとつに絞り、管理しやすい状態にしておくのがベストです。

 

物を売って用意する

あなたの手持ちに、ブランド品・高級品はありませんか?

ブランド服、鞄、靴、アクセサリー、腕時計など、カードで買ってしまった商品もいくつかあるかもしれませんね。

それらをフリマアプリ、オークション、買い取りアプリなどで売却すれば、まとまったお金になる場合があります。

手放したくない…という気持ちもあるかもしれませんが、今はカードの支払いが先決です。

いま支払わないと、今後5年以上そうした買い物ができなくなってしまう恐れもあります。

 

債務整理をする

他社からも借金をしていて、クレジットカードの支払いもできない…。

この場合、すでに生活費の工面すら難しい状況に陥っている可能性が高いです。

生活費を借り入れたり、借金を借入金で返済していたりしませんか?

 

こういった状況から脱却するためには、「債務整理」という方法を取るのが一番です。

債務整理とは、自己破産・個人再生・任意整理・特定調停といった手続きで、借金の負担を軽減するもの。

特に多重債務に陥っている場合、「自己破産」の手続きで借金や資産をゼロにする、という解決策があります。

 

債務整理は個人でも手続きができますが、煩雑で難しく、弁護士などの専門家に任せるのが一般的です。

一度弁護士に相談して、借金がない状況にしませんか?

いきなり弁護士に相談するのが難しい、という方は、ネット上の無料診断コンテンツも活用してみてください。

⇒ネットで無料診断。自分にあった借金返済方法を調べるにはこちらをクリック

 

まとめ:オリコカードの支払いを延滞したならできるだけ早く支払うこと

オリコカードは、どちらかといえば支払いの延滞に厳しい会社。

延滞が続くと金融事故として扱われやすいので、他のカードが作れなくなる可能性もあります。

まずは、延滞している支払いをすぐに払えるようにしましょう。

現在の生活が苦しく、再び延滞する恐れがある場合は、法テラスや国民生活センターに相談することも打開策のひとつです。

まだ分割の支払が残っているといった場合は、借り換えの検討もしましょう。

 

支払いのピンチに役立つカードローン特集

プロミス

スピードが自慢のカードローンです

プロミスなら、ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

【↓女性の方はこちら↓】
プロミスレディースキャッシング<

アコム

借入可能か、3秒で診断

アコムの利用が初めての方なら最大30日間、無利息サービスを受けることができます。

審査が心配・・・。という方も公式サイト上で、3項目入力するだけで診断ができます。

楽天銀行口座を持っていれば、ほぼ24時間振融資可能。最短1分程度で振り込んでくれます。

夜間急ぎの時でも助かりますね。

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいという方へ

手軽にスピーディーに借りることができます。

三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座があれば、WEB完結申込が可能です。

申し込みから利用まで、すべてネットで完結するので、電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に秘密にしておきたいなら、ここで決まりですよ。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

-クレジットカード
-

Copyright© お金がなくて払えない。金欠で支払い不能の時に役立つサイト|滞納SOS , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.