生活

タイヤ交換代が払えない。車を整備する費用が高すぎて困った時の対応策

更新日:

001

タイヤやオイルの交換は、車に乗っていると必ずやってくる消耗品の取り替え作業です。

特にタイヤは費用が高くつくことも多い割に、ある日突然パンクしてしまうことのある部品。

いきなり生活必需品が壊れてしまうようなものですから、お金がない時は本当に頭を抱えてしまいます。

 

仕事に車が必須な人は、できるだけ早く対応したいもの。

だからこそガソリンスタンドを利用するのですが、必要ないオプション営業が煩わしいんですよね。

かといってディーラーに見積もりを出してもらうと、予想外に高くついてしまうことも多いです。

 

ここでは、タイヤ・オイル交換において、できるだけ安く交換できないか、その方法を解説します。

またどうしてもお金の都合がつかない場合の対応策も紹介しています。

 

サチコ
このページの要約

タイヤやオイルの交換は、車に乗っていれば必須のメンテナンスです。

ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店など、様々な場所で整備してもらうことができます。

とにかく安く済ませたいのであれば、Amazonなどでタイヤを購入し、持ち込みで整備してもらいましょう。

またオイルの交換は自力でも可能ですが、やけどや整備不足、故障などを引き起こしかねません。

節約のつもりが、更にお金がかかる事態にならないよう気をつける必要があります。

詳しくは本文を参考にしてください。

⇒車の整備のためのお金を借りたい方はこちらをクリック

 

タイヤの交換費用がない場合。できるだけ安く交換する方法はないの?

002

タイヤ交換の相場は、タイヤ代や交換費用、タイヤの処理代なども合わせて25,000円前後が一般的です。(タイヤの種類や交換する本数によって増減します)

車を使う上ではタイヤは消耗品。もちろん定期的にメンテナンスをする必要があります。

頻繁に交換するものではありませんが、パンクやバーストなど、予期せぬ費用として家計を圧迫することが多いですよね。

それでは、突然のタイヤの交換費用をうまくやり過ごす方法はないのでしょうか。

 

ディーラーに相談して、安くできないか訊ねる…必ず見積もりを出してもらうこと

  • ディーラー
  • ガソリンスタンド
  • カー用品店
  • タイヤ専門店
  • 自動車整備工場
  • JAF

タイヤ交換といえば、こういった業者に依頼することがほとんどですよね。

自分で勉強して自力で交換する、というのは安全面から考えてもあまり現実的ではありません。

まずは車を購入したディーラーに相談して、タイヤの状態を確認してもらいましょう。

その上でできるだけ安く済ませられないか相談し、見積もりを出してもらってください。

 

複数のカー用品店で見積もりを取る…より多くの店舗で見積もりを出す

ディーラーの見積もりが不服だった時は、カー用品店やタイヤ専門店で見積もりを取りましょう。

引越し業者と同じで、業者によって見積額は大きく変わります。

行きつけのお店はもちろん、複数の店舗を回り、積極的に見積もりを出して交渉していきましょう。

手間と時間はかかりますが、その分費用を削減できる可能性も高くなります。

 

タイヤを別で買って、持ち込みで交換する…サービスチケットを活用しよう

003

ところで、Amazonでタイヤが販売されていることをご存知ですか?

ヤフオクなどでも出品されているので、こうしたネット販売を利用して持ち込みで交換してもらう方も多くなっていますよね。

 

またタイヤ交換、取り付けのサービスチケットも販売されています。

チケットを使った場合のタイヤ交換の大まかな流れとしては以下の通りです。

  1. 現在の車の車種、メーカー、年式を確認。タイヤのサイズをチェックする
  2. タイヤ交換サービスチケットをAmazonで購入
  3. タイヤ交換を行う工場を決定
  4. Amazonでタイヤを購入、工場宛に発送する
  5. タイヤ交換当日に工場へ行き、交換完了!

もちろんAmazonでタイヤだけを購入し、それを店舗へ送付して交換してもらうという方法もあります。

注意したいのが、マーケットプレイス販売のタイヤでは取り付けできない店舗もあること。

タイヤ持ち込みでの交換が可能かどうか、必ず事前に確認してから申込むようにしてください。

 

一時的に親に立て替えて支払ってもらう…家族も使うものだからこそ

どうしても費用が捻出できない場合には、一時的に誰かに立て替えてもらうのも手段のひとつ。

特に家族を乗せて移動することが多い家庭では、足がなくなるのは死活問題です。

場合によっては友人や知人にも協力してもらい、必ず返済すると借用書を書いて手渡すと安心感が増します。

親をはじめ、誰かからの個人的な借金はトラブルの火種です。

例えそれがどんなに生活に必要なものであったとしても、借りたお金はいずれ返さなければなりません。

どうしても費用が払えそうにないけど、親に頼れそうだ、という場合にのみ検討してください。

 

クレジットカードで費用を支払う…リボ払いには要注意

いまは手持ちがないけど、来月には給与が入ってくるから支払える…。

そういった場合は、クレジットカードで支払ってしまったほうが良いでしょう。

いまクレジットカードを持っていない、という方は、以下のカードが作りやすくオススメです。

  • ACカード
  • 楽天カード
  • イオンカード

特に楽天カードであれば、ポイントも貯めやすく使いやすいので無駄がありません。

またAmazonをよく使う方はAmazonカードを作り、Amazonでタイヤを購入するのも良いですね。

 

ただし来月の収入の目処が立たない場合、無理に作るのは禁物です。

さらにリボ払いなどのシステムがありますが、返済を先延ばしにすればするほど利息が増えていきます。

サチコ
あくまでも収入があり、一時的に手持ちのお金がない場合の対応策ですね!

 

一時的にカードローンで補填する…不足している分だけを借り入れよう

仕事や子どもの送り迎えで車を使うのにパンクした…となると、本当に困ってしまいますよね。

突発的な出費に便利なのはカードローンですが、こちらも収入ありきの方法です。

ただしこちらは即日での借入ができ、スマホから簡単に申し込めるのが嬉しい魅力です。

平日14時までに契約を済ませれば、その日のうちにお金を借りることができる場合も多いです。

 

でも、やっぱりお金を借りるのは心配ですし、不安がついて回ります。

お金があることに満足を覚えて、つい借り過ぎたり、まるで自分の口座のように借り入れたりする人もいるほどです。

そうなってしまわないよう注意することは、「とにかく不足分だけを借りる」という点。

お金がないとはいえ、生活費ギリギリを詰めていけば、ある程度浮かせられる金額があるはずです。

それを交換費用に充て、それでも足りない分だけを借り入れるようにしてください。

サチコ
毎日の生活に絶対必要なものだからこそ、焦らず慎重に対応していきましょう!

⇒車の整備のためのお金を借りたい方はこちらをクリック

 

オイルの交換費用がない場合。ガソスタとディーラー、どっちが良いの?

004

では、エンジンオイルの交換費用がない場合はどうすれば良いのでしょうか。

ちなみに相場は約5,000円ですが、2,500円~5,000円程度の振り幅があります。

オイルの種類や量、リッターあたりの単価、オプションなどで、さらに高くつくこともありますよね。

 

しっかり見てもらいたいならディーラーへ。オイルボトルキープ会員も便利

oil

オイル交換をするうえで、やはり安心して車を預けられるのは販売元のディーラーです。

メンテナンスや整備はもちろん、洗車してくれるなどサービスも充実しています。

キャンペーンも頻繁に実施されているので、販売員に逐一確認するくらいの気持ちでいましょう。

 

またトヨタやホンダでは「オイルボトルキープ」といって、20L単位でボトルキープできる制度があります。

会員証を提示すればどの販売店でもOKで、交換料や廃オイル処分料が無料になるなどの特典がポイントです。

半年に1回交換することを考えると、こちらのほうがぐっと費用を抑えられるかもしれません。

ただし新車販売の営業や、車検のオススメをされるなど、営業目的でこのサービスを押し付けてくるディーラーもいます。

あくまでもオイル交換だけしたいのであれば、事前にその旨をハッキリ伝えておきましょう。

参考:https://www.tng.co.jp/service/bottlekeep.html

 

ガソスタのオイル交換は、オプションをつけなければ安価で楽だけど…

近くで手軽にオイル交換を済ませるとなると、やっぱりガソリンスタンドでのオイル交換を考えます。

価格もオイル交換単体だけなら安価ですし、サクッと済ませてしまいたい方にはオススメです。

 

ただ、ガソリンスタンドの整備には不安がある、そして無用なオプションをつけられる…という声は多いです。

ガソスタに整備士がいる場合は安心ですが、素人が適当に見て適当に交換して、結局交換前とほとんど変わっていないなんてケースさえあります。

またオプション営業も凄まじく、交換の必要がない部品の押し売りも少なくありません。

 

ガソリンスタンドでオイル交換を考える時は、行きつけのスタンドに行くか、もしくは仲のいい店員がいるスタンドにしておきましょう。

どうしてもガソスタにこだわりたい場合は、はじめから毅然とした態度で「オイル交換だけしたい」ということを伝えておいてください。

サチコ
「いらないです!」とハッキリ何回も言ってやりましょう!

⇒オイル交換のためのお金を借りたい方はこちらをクリック

 

オイル交換は自分でもできる?リスクや怪我の恐れもある

005

また最近はDIYで、自分でオイル交換を行うという人も増えてきました。

Youtubeにオイル交換の動画があるため、それを見ながら行う方もいるようです。

 

しかし自力でのオイル交換は、それこそ整備に不安が残ります。

下抜きの場合、車の下に潜っての作業、かつオイルを扱うので、汚れることはまず確実。

車種によっては車をしっかり持ち上げて固定しなければならず、もし固定不足で車体が落ちれば下敷きになってしまいます。

また工具は自分で揃えなければいけませんし、その分費用もかかります。

さらにエンジンが熱いまま作業をすると、顔や体に火傷を負う恐れもあります。

 

コスト削減、節約になるとはいえ、本人が怪我をしてしまっては元も子もありません。

またオイル漏れやボルトの締め忘れなど、自分でやったからこそ起こる故障も考えられます。

するとコストダウンのためにやったことが、かえってかかる費用を増やしてしまうことにも繋がります。

 

オイル交換を自分で行う場合は、こうしたデメリットも多数あるということを頭に入れておいてください。

 

まとめ:タイヤ・オイル交換は専門家に見てもらうのが一番。安くしたい時は多く見積もりを取る

タイヤ交換もオイル交換も、専門的な知識と時間、行動力があれば、自分でできないわけではありません。

しかし車は人命を乗せて走るもの。

手を抜いたメンテナンスをしてしまうと、そこから少しずつ劣化、摩耗し、より多額の費用が必要になる時が必ずやってきます。

それに車は、より長く、より良く使っていきたいもの。

今その時だけのことだけではなく、今後のことを考えて、プロに点検してもらうのが一番安心です。

どうしても費用を抑えたい時には、より多くの店舗で見積もりを取るところから始めてみてください。

 

支払いのピンチに役立つカードローン特集

プロミス

スピードが自慢のカードローンです

プロミスなら、ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

【↓女性の方はこちら↓】
プロミスレディースキャッシング<

アコム

借入可能か、3秒で診断

アコムの利用が初めての方なら最大30日間、無利息サービスを受けることができます。

審査が心配・・・。という方も公式サイト上で、3項目入力するだけで診断ができます。

楽天銀行口座を持っていれば、ほぼ24時間振融資可能。最短1分程度で振り込んでくれます。

夜間急ぎの時でも助かりますね。

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいという方へ

手軽にスピーディーに借りることができます。

三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座があれば、WEB完結申込が可能です。

申し込みから利用まで、すべてネットで完結するので、電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に秘密にしておきたいなら、ここで決まりですよ。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

-生活
-,

Copyright© お金がなくて払えない。金欠で支払い不能の時に役立つサイト|滞納SOS , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.