生活

携帯代を払えないときの電話会社別対応。スマホが止まる前に|滞納SOS

投稿日:

スマホ代が払えない

今や携帯電話・スマートフォンは、毎日の生活に欠かすことができないもの。

携帯代が払えなくて使えなくなったときの不便さは尋常ではありません。

家や会社の中ならWi-Fiで繋ぐことはできても、外ではフリースポットがないと使えないですよね。

携帯代が払えないときにどうなるか、NTTドコモ、au、ソフトバンクに分けて調べてみました。

いつまでに払わないと止まるのか確認してみましょう。

 

サチコ
このページの要約

NTTドコモ、au、ソフトバンクの各社とも、概ね流れは一緒です。

  • 支払期限を過ぎると督促状が来る
  • 督促状の利用停止日まで払わないとすぐに止まる
  • 強制解約までに料金を払えばすぐに復帰

詳しくは本文を参考にしてください。

 

支払期限と督促状

どの電話会社でも、1ヶ月間の料金を翌月に請求されるのは同じです。

ただし、若干ですが電話会社によって支払期限は異なります。

(いずれも土日祝日は翌営業日が支払期限です。)

それぞれのキャリアについて、表でまとめて見ていきましょう。

  締め日 支払期限
NTTドコモ 月末 翌月末
au 月末 翌月25日または翌月末
ソフトバンク 10日 翌月6日
20日 翌月16日
月末 翌月26日

締め日以降、支払期限は25日~1ヶ月に設定されている点で共通しています。

この支払期限までに支払わないと、10日~20日程度で払込用紙付きの督促状が届きます。

  督促状 利用停止日
NTTドコモ 支払期限から20日前後 支払期限の4週間前後
au 支払期限から10日前後 支払期限の15日前後
ソフトバンク 支払期限から10日前後 支払期限の2週間前後

その前に支払い確認ができていない旨のメール(ショートメール)も来ているでしょう。

また督促状には利用停止日も書かれており、利用停止日までは機能を制限されることなく携帯を使えます。

利用停止日は一定しないですが、NTTドコモは支払期限の4週間前後、au・ソフトバンクは支払期限から2・3週間前後です。

下記で詳しく解説していきましょう。

 

NTTドコモは再振替がある…利用停止日は支払期限から4週間前後

NTTドコモでは口座振替を使っている場合のみ、翌月15日に再振替があります。

またドコモに限り、支払期限の4週間前後あたりが利用停止日となっています。

これは再振替の確認後に督促するためで、他のキャリアの場合は利用停止までの期間が短くなります。

 

auは利用停止まで15日。25日に払えなかった場合は翌月の8日~10日くらいで止まる

au携帯の支払いは翌月25日、もしくは翌月末までに行います。

支払期限までに料金が支払われなかった場合、期限から15日後、つまり翌月の8日~10日に利用停止となります。

ただし回線停止にはラグがあり、ぴったり15日後に止まるというわけではありません。

時間帯としては夜中に回線停止になり、朝方にそのことに気がつく、ということが多いようです。

auにはドコモのような再振替がありませんので、比較的早く利用停止措置が行われるようです。

 

Softbankの利用停止は約2週間後。3ヶ月放置すると契約解除に

上記の表の通り、ソフトバンクの締め日は「10日」「20日」「月末」と3種類あります。

この支払日に間に合わなかった場合、ソフトバンクでは約2週間後に利用停止措置が取られます。

こちらも2週間後ぴったり、というわけではなく、利用停止日から3日以内に回線が止められることが多いようです。

またソフトバンクでは利用料金を払わないまま放置すると、3ヶ月後には契約解除させられてしまいます。

ソフトバンクにも再振替がないので、支払期限から督促、利用停止までの期間が短くなっています。

 

どのキャリアでも利用停止日を延ばしてもらうのは無理?auやドコモではできる?

ソフトバンクでは、利用停止日を先延ばしにしてもらうことは不可能です。

回線停止は機械作業のため、料金が支払われなければ順次行われていきます。

「この日に止まります」という明確な決まりがないため、停止日を延長する、ということもできないのです。

 

実はauでは最大1ヶ月間支払期日を遅らせ、回線停止を延ばすことができていました。

しかしこの措置は2017年11月を持って廃止され、今では支払期日の延長はできなくなっています。

 

またドコモでも、基本的に支払いを延長することはできません。

過去には少し延ばしてくれた、という事例があったようですが、今も同じであるとは限りません。

しかし病気や怪我による入院など、やむを得ない事情がある場合は、できるだけ早く電話で相談するようにしましょう。

サチコ
支払期限は早めに連絡すれば対応してもらえるかもしれません。

 

督促状の利用停止日までに払わないとき

スマホ使えない

利用停止日までに支払いの確認が取れないと、電話会社は問答無用で携帯を止めてきます。

ただし利用停止は順次対応なので、利用停止日の午前0時に止まるとは限りません。

場合によっては、2,3日止まらないこともあるのですが、それは単に順番が来ていないからで、いずれ止められます。

一度止められると滞納した料金を払うまで止まったままです。

サチコ
携帯・スマホが止まったら本当に不便です!

⇒一時的にお金を借りたい方はこちら

 

携帯を止められたときの動作

携帯が止まった時の各携帯会社の対応

ソフトバンクだけは着信・受信が可能で、「お客様のご都合により~」といった恥ずかしいアナウンスが流れないだけ対応が良いと言えます。

利用停止で機能制限はかかりますが、携帯が全く使えなくなるわけではありません。

電話機能と携帯のメールアドレスを使った通信ができなくなるだけで、Wi-Fi機能を使ったインターネット接続は可能です。

したがって、Wi-Fi接続できる場所なら、電話会社に関係なくLINEやSNS、Web閲覧、動画、ゲーム等のアプリは使えます。

 

携帯代は強制解約前に払うべき。その理由は?

スマホの契約

携帯の利用が停止されても、携帯代を滞納した状態には変わりありません。

そのまま放置していると、1ヶ月~3ヶ月程度で強制解約されてしまいます。

強制解約までには利用停止後にもう一度通知が届きますので、強制解約の通知を無視しないことです。

また強制解約されると、再契約を断られる場合があります。

たとえ強制解約されても、滞納した携帯代が免除されることはありません。

 

なおコンビニや電話会社の販売代理店で携帯代を払うと、早ければ10分以内、遅くても次の日には復帰するはずです。

強制解約が間近になったら、短期的にお金を用意してでも払っておかないと、もうその携帯電話会社では二度と契約できないかもしれません。

 

機種代金を含んでいる場合は要注意!

携帯代を払わずに携帯が止まっても、携帯が止まるペナルティを受けているのだからと、気楽に考えている人が結構な割合でいます。

ところが、携帯代に分割した機種代金が含まれているときは、携帯代の滞納を甘く見てはいけません。

多くの場合、電話会社の販売代理店で機種交換すると思いますが、機種代金は通信料ではなく購入代金を分割で払っているだけです。

 

「携帯代を滞納しても、Wi-fiがあれば連絡は大丈夫」などと考えているなら大間違い。

月々の支払いの中に、携帯機種代金そのものが含まれている場合、クレジット支払い、つまりローンでその機種を購入していることになります。

たとえば毎月4000円分の機種代金と、通話料や通信料金の各種プランをあわせて8000円~1万円くらいになっているのであれば、その料金を滞納することによって「クレジット、ローン未払い」と見做されることになります。

 

いわゆる「ブラック」扱い。その弊害は?

このクレジット、あるいはローン未払いによって、「金融事故」、つまりブラックとして扱われることになるのです。

よく言われる「ブラックリストに載る」という言葉の「ブラックリスト」なるものは、実は存在しません。

個人の信用情報に傷がつくことを「(金融)ブラックになる」と言い、そこに由来しているものと思われます。

金融機関や携帯電話各社は、それぞれ個人信用情報機関で契約者の信用情報を把握しています。

「金融事故」とは、クレジットやローンの未払い、滞納で発生する異動情報のこと。

この異動情報が個人信用情報機関に記録されることによって、以下のようなことが起こります。

  • 新しくクレジットカードを作ることができない
  • クレジット会社と契約している場合には強制解約のおそれもある
  • 銀行や消費者金融の審査に通らない(お金を借りることができない)
  • 住宅ローンをはじめ、各種ローンを組むことができない

近年ではネット通販をはじめ、今はクレジットカードが必須の場面が増えてきています。

将来的に家や車がほしい、という人はローン購入を考えている方が多いかもしれません。

 

また冠婚葬祭などのイベントで、突発的にまとまったお金が必要になったら、融資の申し込みをすることもあります。

その審査になぜか通らない、ローンが組めない!

…その原因が、携帯料金の未納である可能性は十分高いと言えるでしょう。

 

個人信用情報の傷はいつ回復するの?

この異動情報がいつ消えるかといえば、「滞納金を完済してから5年後」となります。

各社携帯電話会社によって異なりますが、年利14.5%程度の利息もかかります。

これは延滞期間が長ければ長いほど高額になりますし、各種手数料もかかることになります。

さらに滞納金は原則として一括で支払わなければなりません。

経済的な理由からどうしても支払えない…という場合には、相談することで分納も可能となるかもしれません。

しかし最悪の場合には訴訟を申し立てられたうえ、財産や預金、給与などを差し押さえられることになる可能性さえあるのです。

 

本当に軽い気持ちで滞納、止められる前に払えば問題ないと考えているのであればかなり危ない状態です。

最低でも機種代金を払っている期間(2年縛りなど)は、携帯代を滞納しないように気をつけなくてはなりません。

携帯電話、スマートフォンは今や生活になくてはならないものではあります。

しかし、「ローン支払いで購入しているもの」「滞納すれば個人信用情報に傷がつくもの」として理解し、所持することを心掛けたほうがよいでしょう。

 

まとめ 今は携帯がないと何かと不便な社会。早く支払いを

携帯代は、滞納するとあまり猶予がないので、できるだけ早く払ってしまいたい料金です。

携帯を頻繁に使う人でも、ほとんど使わない人でも、今は社会が携帯を持っている前提なので、携帯が止まっていると知られるのは恥ずかしいですよね。

また、滞納→利用停止→お金が入ったら復帰を毎月繰り返して、契約解除だけは避ける人も少なくありません。

その状態は、遅れながらも毎月払っているのですから、頑張って少し早く払うだけで信用を取り戻すことができるでしょう。

 

支払いのピンチに役立つカードローン特集

プロミス

スピードが自慢のカードローンです

プロミスなら、ネットで申込+審査通過後に自動契約機に行けば、平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でも、最短でその日中に借りれます。

一部無人契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)利用OK。

初回借入の翌日から30日間金利ゼロ円になるのもプロミスだけのサービスです。

(※メールアドレス登録と、ウェブ明細利用の登録が必要)

【↓女性の方はこちら↓】
プロミスレディースキャッシング<

アコム

借入可能か、3秒で診断

アコムの利用が初めての方なら最大30日間、無利息サービスを受けることができます。

審査が心配・・・。という方も公式サイト上で、3項目入力するだけで診断ができます。

楽天銀行口座を持っていれば、ほぼ24時間振融資可能。最短1分程度で振り込んでくれます。

夜間急ぎの時でも助かりますね。

SMBCモビット

誰にもバレずに借りたいという方へ

手軽にスピーディーに借りることができます。

三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座があれば、WEB完結申込が可能です。

申し込みから利用まで、すべてネットで完結するので、電話連絡も郵便物も原則的にありません。

家族や周囲の人に秘密にしておきたいなら、ここで決まりですよ。

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

-生活
-,

Copyright© お金がなくて払えない。金欠で支払い不能の時に役立つサイト|滞納SOS , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.